うつ病を簡単にチェックする方法|自己否定が多い人は要注意

うつを発見するには

女の人

会社が行う調査とは

厚生労働省は、従業員が50人以上の会社に対してストレスチェックを義務付けるようになりました、これは、会社がストレスを抱える従業員を把握するとともに、うつ病を事前に防ぐ意味も込められています。会社で、人は様々なストレスにさらされ、年間のうつ病発生者数も増加する傾向にあります。従業員のうつ病で会社の損失も増えているのです。従業員の変化に気づき早めに対処することは企業にとっては大切なことです。うつ病チェックは、インターネットなどで行うことができます。紙のチェックシートもあり好きな方法を選べます。その結果は会社に報告し、必要なら産業医に診察してもらうこともできます。これは任意なので、会社に報告する義務はありません。ストレスチェックは、会社には強制的に義務付けられていますが、従業員は任意で行われるのです。従業員の中には、会社にうつ病だと知られたくないと考える人もいるからです。また、うつ病だと知られることで同僚の目も変わってくるのではないかと不安を感じる人もいます。

理解を深めることが大切

うつ病は、会社が率先してうつに対する従業員の理解を深めていくことが必要です。うつ病は、激務の仕事や人間関係、環境の変化などによるストレスが引き金になって発症しやすくなります。やる気や意欲の減退、集中力の欠如、不安感、イライラ、憂鬱などの精神的な症状が起こります。精神の病気は見えない病気なので治療には時間がかかることが多いのです。それに、傍から見ると健康そうに見えるので重病だとは気づかれにくい病気です。うつ病の人には、理解を示し話をよく聞いてあげることが大切です。頑張れと励ましたり無理に休養するように勧めたりすることはかえって逆効果になることもあります。一番大切なのは、相手の話をよく聞いてあげる聞き上手になることです。反論したりするとかえって相手を傷つけることになってしまいかねません。しかし、このような対応をするのは一般の人には大変なことです。うつ病の傾向がある人は、心療内科などでカウンセリングを早めに行うことで進行を予防することができます。また、うつ病の場合は向精神薬を併用しながら治療を行っていきます。