うつ病を簡単にチェックする方法|自己否定が多い人は要注意

病気を早期発見する

笑顔の女性

病を見分ける

うつ病の初期症状には抑うつ症状が現れるのが一般的です。しかし人間は誰しも気力が低下する時期を体験するものであり、それがうつ病なのか一時的なものなのか判断するのは難しいものです。自分がうつ病かどうかチェックしたい場合、抑うつ以外の症状が出ていれば判断は簡単です。食欲不振や睡眠障害だけでなく、原因不明の頭痛や吐き気に悩まされている場合チェックしておきましょう。また一般的な抑うつ状態は一定の時間が経過したりストレスを発散する事で回復するものですが、うつ病の場合なかなか自力では抑うつ状態から立ち直れません。こうした点をチェックして自身に当てはまった場合、病院に通う事が大切です。単なる気力の低下であれば自己努力で立ち直れるものですが、うつ病から症状が発症している場合単なる気分転換では症状が改善しません。状態が悪化して様々な症状が発症する事もありますので危険なのです。特に幻聴や体重の低下などが発生している場合、薬を飲む必要も生まれますので早期に治療に取り掛かるようにしましょう。

客観視する方法

一般的にうつ病と言えば生活する気力が失われる病です。自分一人の世界に閉じこもり、友達と関わらないどころか家から出るのも億劫になってしまうのです。しかしうつ病の中には双極性障害と言う種類も存在していますので注意しましょう。双極性障害はうつ以外にも躁症状が発生しますが、こうした状態が出ている場合は生きる事に前向きでエネルギッシュになります。また人との関わりに積極的になる特徴があるのです。しかしこうした躁鬱状態では人と正常に関われないため、喧嘩やトラブルを引き起こしやすいのです。自分がうつ病かどうか家にいながらチェックしたい場合、うつ病専用のチェックシートを利用してみましょう。こうしたチェックシートはうつ病の専門書籍に付いているだけでなく、インターネット上でダウンロードする事ができます。特にうつ病になれば自分の状態を自分では客観視できなくなる場合がありますからこうしたチェックシートを使用する価値は高いのです。うつ病の中には軽度な抑うつ状態が長期に渡って続いているケースもあるのです。