うつ病を簡単にチェックする方法|自己否定が多い人は要注意

うつの症状が現れたら

ウーマン

自分で確認する方法

風邪をひいているわけでもないのに体の不調が続く、さらには精神的に不安定な状態が続いている、こうした症状がある場合にはうつ病がその原因になっている可能性があります。もちろん、その他にも身体的な病気が要因となっている可能性も考えられますが、内科などを受診しても原因が特定されない場合、さらには体の不調や長期に渡って続く場合には注意が必要です。うつ病の具体的な症状はそれぞれのケースで異なってきますが、代表的なものを挙げるとすれば集中力、意欲の低下、精神的不安定、睡眠障害などの症状が知られています。こうした症状は軽度のものであればまだいいのですが、重症化すると互いの症状が悪循環を招き、日常生活にも支障を来すようになります。そうなる前、比較的早い段階での対処が肝心となってくるのです。そこで活用していきたいのがネットなどでも気軽に利用することができるうつ病のセルフチェックリストです。簡単な項目にチェックを入れていくことでうつ病の危険性を確認していくのです。仕事やプライベートの合間でも簡単に現状を確認することができるので、医療機関を受診するよりも手軽な方法として知られています。

自己判断の注意点

こうしたうつ病のセルフチェックは気軽で便利というメリットがある反面、危険性もあります。それは自己判断によってうつ病の診断、治療が遅れてしまう可能性があるという点です。セルフチェックはあくまで医療機関を受診する目安を確認するものであって完璧な判断材料というわけではありません。自身の正確な精神状態、心身状態を把握していくためには専門の医療機関を受診するに勝るものはないのです。ここで挙げる専門の医療機関とは、うつ病などの精神的な病を専門としている心療内科、精神科のことを指します。もしもあまりに症状が長く続く場合には、さらにはセルフチェックで明らかに問題がある場合には早急にこうした診療科を受診して正確な診断を受けるようにしましょう。安易な自己判断は患者自身の精神的、身体的負担を大きくする危険性がありますし、結果うつの症状を悪化させ治療を長期化させてしまうことになるのです。早く症状を治したいのであれば尚の事、早め早めの決断、行動を心がけるようにするのです。